頭皮のかゆみに効果的なシャンプーとは?肌タイプ別に選び方と使い方を紹介します!

頭皮のかゆみに効果的なシャンプーとは?肌タイプ別に選び方と使い方を紹介します!

頭皮のかゆみは、つい爪を立てて描いてしまい、フケが出てしまってなんとなく不潔な印象になってしまいます。

そんな頭皮のかゆみの原因は、シャンプーにある可能性があります。肌に合わないシャンプーを使用していたり、間違った方法で先発を繰り返したりしていると、頭皮が炎症を起こしてかゆみに繋がってしまう可能性があるのです。

ここでは、頭皮のかゆみが起こる原因と、肌タイプ別のシャンプーの正しい選び方や使い方について紹介します。

 

頭皮のかゆみが起こる原因とは?

・シャンプーのすすぎ残し

頭皮にかゆみが発生する原因のひとつして、シャンプーのすすぎ残しが挙げられます。特にシリコン入りのシャンプーを使用している方や、スタイリング剤などを使用する方は、すすぎ残しが起こりやすいため、気を付ける必要があります。

シャンプーはしっかりと洗うことはもちろんですが、それ以上にしっかりとすすぐことも大切です。洗っているのと同じ時間すすぐこと方が良いとされるほど、シャンプーのすすぎ残しは頭皮トラブルの原因となってしまうため、注意が必要なのです。

 

・頭皮が乾燥している

元々乾燥肌の方や、洗浄力の強いシャンプーを使用している方は、乾燥が原因でかゆみが発生している可能性があります。

洗浄力の強いシャンプーを使用している場合は、必要以上に皮脂が洗い流されてしまうため、頭皮が乾燥してしまうのです。乾燥が気になる場合は、シャンプーを見直すことがかゆみを抑えるひとつとなります。

また、皮脂が過剰に分泌されている場合でも、元々の原因が乾燥によるものである場合があるため、顔の肌状態を見て乾燥肌なのかの判断をするようにしましょう。

 

・頭皮の皮脂が多い

頭皮のかゆみは、皮脂の過剰分泌によっても発生してしまいます。

乾燥しすぎてしまっている場合でも、皮脂は過剰に分泌されてしまいますが、皮脂が過剰に分泌されると皮脂を餌としている雑菌が頭皮に大量繁殖してしまうため、かゆみが発生してしまうのです。これを放置すると、炎症の悪化や頭皮ニキビなどの症状にも繋がってしまいます。

皮脂過剰に分泌されている場合は、皮脂をスッキリさせてくれるシャンプーを選び、正しい洗髪方法を合わせるようにすることが、頭皮のかゆみ改善につながります。

 

・頭皮に炎症が起こっている

頭皮がかゆいからと言って、爪を立てて洗髪したり、頭皮をかいてしまったりすると頭皮は炎症を起こしてしまいます。

また、シャンプーを1日に2回以上したり、化粧品によってかぶれてしまったりすることでも頭皮の炎症は起こります。頭皮の状態は髪に隠れてしまっているため、なかなか確認をすることは難しいのですが、実は細かい傷がたくさんついてしまっていることもあります。こういった事態を避けるためにも、頭皮や優しく洗って、強い薬剤やカラー・パーマのしすぎは控えるようにしましょう。

 

頭皮のかゆみ改善のために

・頭皮を保湿する

頭皮のかゆみを改善するためには、頭皮を保湿することが大切です。最近では頭皮を保湿するためのケアが豊富に販売されています。わざわざ頭皮用の保湿剤を購入したくない場合は、普段使用している化粧水でも問題ありません。

シャンプーもホホバオイルなどの保湿成分が配合されているものを使用することで、頭皮の潤いを守ることができます。

 

・シャンプーやヘアケアを見直す

シャンプーを選ぶ際は、自分詩人の肌質を知り、それに合ったものを選ぶことが大切です。

 

・乾燥肌

乾燥肌の方は、頭皮に優しいアミノ酸系の弱酸性シャンプーを使用するようにしましょう。汚れはしっかりと落としますが、必要な皮脂は残してくれるため、肌のバリア機能を守ってくれます。

また、オイル系シャンプーは保湿効果が高いことから、乾燥肌の方には最適だと言えます。オイル系のシャンプーには、ホホバオイルやアルガンオイルなどが配合されているため、こういったオイルが頭皮だけでなく、髪の潤いも保ってくれます。

また、それ以外にも保湿成分が配合されているオーガニックのものは、肌にも優しく頭皮の潤いを守ることから、乾燥によるかゆみを予防することができます。

 

・脂性肌

脂性肌の方は、なるべく洗浄力の高い高級アルコール系シャンプーを選ぶようにしましょう。しかし、乾燥が原因によって皮脂が過剰に分泌している場合は、保湿成分が配合されているものを使用する方が良いでしょう。

 

それ以外にも、石鹸系のシャンプーや、無添加、または添加物が少ないもの、石油由来の界面活性剤を使用していないシャンプーは、頭皮に優しくかゆみの原因となる炎症を防ぐことができるため、おすすめです。

石油系界面活性剤が使用されているシャンプーは、「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」「スルホン酸~」といった表記が原料一覧に記載されているのが特徴です。そのため、これらの記載があるものは避けるようにしましょう。

また、すべての方に共通して言えることは、長期的に続けることができる価格帯のものを購入することが大切です。品質が良いものを選ぶことはもちろんですが、毎日使用するものなので長期的に続けることができなければ意味がありません。

 

・生活習慣を整える

栄養バランスが偏ると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。また、ストレスや睡眠不足などによって肌のコンディションが悪くなり、頭皮のかゆみの原因となってしまうことがあります。

頭皮にかゆみを感じている方は、生活習慣を整えることで、かゆみの改善に繋がる場合もあることから、自分自身の生活リズムを見直すようにしましょう。

 

シャンプーを正しく使って頭皮のかゆみを予防する

頭皮のかゆみに良いシャンプー選びとは

頭皮のかゆみを予防するためにも、シャンプー選びは非常に重要です。自分に合ったシャンプーを選ぶように心がけましょう。

シャンプーを選ぶ際は、アミノ酸系のシャンプー(ココイル~、ラウロイル~などの表記がある)かどうか、オイル系のシャンプー(ホホバオイル、アルガンオイル、ツバキオイルなどの表記がある)かどうか、添加物が少ない、石油系界面活性剤を使用していない(ラウレス硫酸~、ラウリル硫酸~、スルホル酸~の記載がない)、石鹸系のシャンプー、高級アルコール系シャンプーかどうかなどをチェックするように心がけましょう。

 

頭皮のかゆみに良い洗髪方法とは

頭皮のかゆみは、シャンプーとの関連性が高いことはわかりましたが、かゆみを予防するためには、正しいシャンプーの仕方で洗髪することが大切です。

 

【正しいシャンプー方法】

①シャンプー前にブラッシングで髪の汚れを落とす

②シャワーで髪の毛、頭皮をしっかりと濡らして、予洗いを丁寧にする

③手のひらでシャンプーを泡立てて、シャンプーを髪に乗せる

④爪を立てないように、指の腹で優しく頭皮をマッサージするように洗う

⑤しっかりとシャワーですすいで、シャンプーのすすぎ残しがないようにする

⑥コンディショナーやトリートメントを髪につける(頭皮にはつけない)

⑦しっかりとすすぐ

 

シャンプーは汗や皮脂、外気などの汚れが溜まりがちな夜に行うようにします。予洗いの時点で、髪の毛の汚れの8割以上落とせると言われているため、髪の毛を濡らすだけでなく、予洗いをしっかりと頭皮まで行うようにしましょう。

シャンプーを行う際は、爪を立てないよう指の腹で優しく洗うようにしましょう。

すすぎは十分に行ってください。シャンプーが頭皮に残ってしまうとかゆみの原因になってしまう場合があります。

 

まとめ

頭皮にかゆみが発生してしまう原因は様々ありますが、毎日のシャンプーは頭皮のかゆみを予防する上で非常に大切です。シャンプーの配合成分や洗髪方法によってもかゆみが発生してしまう場合があるため、シャンプーは正しく使用するようにしましょう。また、かゆみは生活習慣から頭皮トラブルによって発生してしまう場合もあるため、生活習慣を正すことも大切です。

自分に合ったシャンプーで、正しい洗髪方法を行い、かゆみのない健やかな頭皮を手に入れましょう。

About pencil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です