足のむくみが簡単に取れる方法とは?むくみの取り方と予防対策を紹介!

足のむくみが簡単に取れる方法とは?むくみの取り方と予防対策を紹介!

足のむくみは女性に多くある悩みのひとつです。足のむくみは足を太く見せるだけでなく、だるさや重さを感じてしまい、とても厄介なもの。足は心臓から遠いことから、血液が滞り、老廃物や水分が留まることでむくみが起こりやすくなってしまうのです。

そんな足のむくみは一体どのようにしたら取ることができるのでしょうか。

ここでは、足のむくみの原因や取り方、むくみ予防のための対策について紹介します。

 

足がむくむ原因とは?

むくみってどんな状態のことを言うの?

足のむくみとは、体の中にある余分な水分や老廃物が溜まってしまっている状態のことを指します。体を巡っているリンパ液が滞ることで、足や手、指などが太く見えてしまいます。足がむくんでしまうと、ふくらはぎはなんと3㎝も太くなると言われています。そのため、むくみを取るだけで、足を細く見せるダイエット効果を得ることができるのです。

 

足がむくむ主な原因

足がむくんでしまう原因には、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れ、筋力の低下、手足の冷え、疲れ、肝臓・腎臓などの疾患といった原因が考えられます。

生活習慣の乱れは、自律神経のバランスを崩してしまい、消化や老廃物の排出がうまくいかなくなることによって、むくみを発生させてしまいます。食生活が偏っている方や、睡眠不足の方は生活習慣を見直すだけでむくみの改善につながります。

また、妊娠などによってホルモンバランスが乱れてしまうことでもむくみは発生してしまいます。ホルモンバランスはストレスによっても乱れてしまうため、ストレスを避けることはむくみの改善に繋がると言えます。

最もおおきなむくみの原因と考えられているのは、冷えと筋力の低下です。足は心臓から最も遠い部位のため、新鮮な血液が行き渡りにくく、冷えやすい傾向にあります。また、ふくらはぎは第二の心臓とも言われており、ふくらはぎの筋力低下は血液を流すポンプが弱まってむくみやすくなってしまうのです。

むくみの多くは対策をすれば改善しますが、なかなか取れない場合は肝臓や腎臓の疾患を抱えている可能性があるため、病院で診てもらうようにしましょう。

足がむくみやすい方の特徴

むくみは誰にでも起こり得ますが、むくみやすい方とそうでない方がいます。むくみやすい方の特徴としては、水分をあまりとらない方、しょっぱいものが好きな方、野菜や果物をあまり食べない、アルコールをよく摂取する、立ち仕事、または座り仕事で長時間同じ姿勢で過ごしている、湯船に浸からない、あまり運動しない、肩こりがある、汗をかきにくい、夕方になると靴がキツイ、足のだるさや疲労感が常にある、熟睡できないなどの特徴があります。

むくみがあるかどうかを判断するには、足を指で押してみて、その跡がなかなか消えない場合はむくみの可能性が高いといえるでしょう。また水分の摂取量が不適切であった場合や、生活習慣で冷えの原因となることが多い、肩こりがひどい場合もむくみやすかったり、すでにむくんでしまっていたりする場合があります。

上記項目に当てはまる場合は、まずそれらを改善することが、むくみを解消するためには必要です。

 

足のむくみを取る方法

・ツボ押し・マッサージ

足のむくみを取るために有効的なのがツボ押しやマッサージです。

方法は様々なものがありますが、マッサージオイルを使用することで肌への摩擦を避けることができます。マッサージオイルはアロマの香りのものを選ぶことで、癒しの時間を過ごすこともできます。

また、むくみの原因とされるリンパの詰まりは、ゆっくりと肌の表面をさする程度で十分に効果があります。あまり力を入れ過ぎると逆にも揉み返しや痛みの原因となってしまうため、ゆっくりと優しく行うようにしましょう。

 

・ストレッチ

ストレッチは結構やリンパの流れを改善することができます。そのためむくみ解消には効果的です。ここからはむくみに有効的なストレッチを紹介します。

 

<ストレッチの方法>

①椅子、または床に座り、靴下やストッキングのつま先部分をポンと引っ張って離し、それを2回ほど繰り返します。足先の詰まりに効果があります。

②そのままひざを伸ばして足の指や足首を自由に動かします。足先やふくらはぎに血液が流れていく感覚があればOKです。

③腰をそらして椅子のせもたれに背中を預けてグっと背筋を伸ばします。床に座っている場合は仰向けに寝転んで、全身をグッと伸ばすようにしましょう。

 

このようにストレッチを行うと血流が良くなり、すっきりとします。こまめにストレッチを行うことで、むくみの予防に繋がります。

 

・運動をする

むくみの原因のひとつに筋力低下があります。運動は日々行うことで、筋力がアップすることから、むくみの改善や予防に効果的です。

また、運動をすると汗をかくことから、体内の余計な水分や老廃物を体外に排出することができるのもメリットです。

ランニングや散歩、階段を積極的に使用するなど、下半身を積極的に使うようにしましょう。

 

足のむくみの予防対策

・生活習慣を整える

偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れは、足のむくみに繋がってしまいます。また、ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れ、同じくむくみへと繋がってしまいます。どれだけ忙しくても睡眠をしっかりととる、食のバランスを整える、ストレスをため込まないようにしてできる限り発散するなど、生活習慣を整えるように心がけましょう。

 

・湯船に浸かり体を温める

冷えはむくみの大きな原因となってしまうため、できるだけ体を温めることが大切です。そのため、普段シャワーが中心の方はできる限り湯船に浸かるように心がけましょう。湯船に浸かると体が温まり、汗をかくことができます。また、お風呂上りの血行が良くなっている状態のときに、ストレッチやツボ押し、マッサージなどを行うとむくみ防止にはさらに効果的です。

 

・むくみに効果的な食べ物を摂取

むくみは食べ物でも予防することができます。

むくみに効果的な食べ物は、レンコンやじゃがいも、セロリ、リンゴ、バナナなどです。これらの食材にはカリウムという成分が含まれており、むくみ予防に効果的です。

また、むくみを予防するためには、上記食べ物を摂取する以外にも、水分を1日1~2リットル程度摂取する、塩分を控える、野菜や果物を積極的に摂取する、アルコールはほどほどにするなどに注意しましょう。

水分はむくみの原因になってしまうことから、飲み過ぎても足りなくてもいけません。あくまで適量を摂取するようにしましょう。

また、塩分やアルコールの過剰摂取は体に負担をかけてしまい、むくみを招きます。できるだけ控えてストレスのない生活を送りましょう。

 

まとめ

足のむくみは水分や老廃物が滞ることによって起こってしまいます。その原因は様々ありますが、冷えや運動不足、生活習慣の乱れ、筋力の低下などが挙げられます。

まずは自分の足がなぜむくんでいるのかの原因を知り、その原因を解消することがむくみ予防には欠かすことができません。

毎日のストレッチやマッサージもむくみ取りや予防には効果的です。

むくみを放置してしまうと、足がどんどんと太くなってしまうため、むくみを感じたらできる限りその日の内に解消するように心がけてください。

今回紹介した足のむくみの取り方を参考にして、ぜひむくみを感じないスッキリとした足を目指しましょう。

 

About pencil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です