コラーゲンって本当に効果あるの?美容以外の効果と効果的にコラーゲンを摂取するコツ

コラーゲンって本当に効果あるの?美容以外の効果と効果的にコラーゲンを摂取するコツ

コラーゲンは美容を代表する成分として知られており、多くのスキンケアや健康食品、サプリメントなどに利用されています。コラーゲンはアミノ酸の集合体でたんぱく質の一種です。肌だけなく健康にとっても非常に重要な役割を担っているといえます。

そんなコラーゲンは、本当に美容に効果的なのでしょうか。また、美容以外に効果はあるのでしょうか。ここでは、コラーゲンの特徴や体への効果や役割、効果的に摂取するためのコツについて紹介します。

 

コラーゲンって一体何なの?

コラーゲンとは

コラーゲンは、人間の体のたんぱく質の多くを占めている成分です。体重50㎏の方の場合、約3㎏のコラーゲンが存在しています。コラーゲンは肌に良いというイメージが一般的ですが、実は肌だけでなく体の至るところに存在していて、人間の健康を支えているのです。肌では真皮層という肌の土台部分において、約70%を占めています。コラーゲンは非常に強度が高く、弾力があるため、肌のハリや弾力維持に役立っています。

 

コラーゲンの特徴と役割とは?

コラーゲンは弾力を持っているという点が最も大きな特徴と言えます。肌ではハリを維持させるのに活躍し、骨や関節、髪の毛などを生み出すためにも必要不可欠です。

体内に存在するコラーゲンの約4割は皮膚に存在し、約2割は骨や軟骨に、残りや血管や内臓に分布しています。皮膚に存在するコラーゲンはⅠ型で、軟骨に存在するコラーゲンはⅡ型と呼ばれています。

コラーゲンは体のいたるところに存在しているため、体を作っている非常に大切な成分で、生命活動を維持するためになくてはならない成分です。

 

コラーゲンは医療でも活用されている

コラーゲンは、もともと火傷の治療や手術の糸などとして、医療現場での研究開発が行われてきました。現在では、薬のカプセルや注射薬安定剤、酸素安定剤、栄養補給剤などの医薬品として活用されています。

ノーベル賞を受賞した記憶にも新しい「iPS細胞」は再生医療の分野でも活用されており、医療業界でも活躍しているコラーゲンのひとつです。

 

コラーゲンの効果とは

コラーゲンは人間にとって必要不可欠

コラーゲンは皮膚や骨、髪の毛、血管など全身を構成する材料で、人間が健康的に生きていくために必要不可欠な成分。体の中に存在するコラーゲンは9種類と言われています。肌を美しくするために必要なコラーゲンはⅠ型、Ⅳ型、Ⅶ型の3種類と言われています。一般的に知られているコラーゲンはⅠ型で、皮膚の強度や弾力を保つ効果があります。Ⅳ型、Ⅶ型は肌の基底膜という奥深くに繊維状に存在しており、肌の構造を支える役割を持っています。

 

コラーゲンが持つ美容効果とは

コラーゲンは肌のハリや弾力に欠かすことができません。また、美容面では爪や髪の毛の生成にも欠かすことができないため、体内にコラーゲンが十分に存在していると、美髪効果や美爪効果も一緒に得ることができます。肌のたるみが気になる方だけでなく、髪の毛や爪に悩みを抱えている方もコラーゲンは積極的に摂取すると良いでしょう。

 

コラーゲン減少によるリスクとは

コラーゲンは20歳をピークに年々減少するといわれています。60歳になるころには、20歳の時の50%以下にまで減ってしまい、シワやたるみの原因となってしまいます。

コラーゲンが減少すると、肌のハリがなくなる、シワやたるみなどの老化現象が起こる、髪の毛がぱさつく、骨や関節が弱くなる、爪が薄く弱くなる、関節痛が起こるなどのリスクが高まります。

またそれ以外でも骨が弱くなったり、血管が硬くなったりと健康におけるマイナス面も多々あるため、コラーゲンの不足はできる限り避けるようにしましょう。

 

コラーゲンを効率的に摂取するには

・サプリメントで摂る

コラーゲンを最も効率的に摂取するには、サプリメントが有効的です。食べ物から摂取することもできますが、コラーゲン5gを摂取しようと思うと、牛筋なら100g、手羽先なら335gも食べなければいけません。これらの食材はコラーゲンと同時に脂質も摂取してしまうため、カロリーが大幅にアップしてしまいます。また毎日これだけの量を食べるのは難しいことから、サプリメントでの摂取が手軽です。コラーゲンは魚由来のものと、ほ乳類から抽出されたものとがありますが、効果に差はないと言われています。

 

・食べ物から摂る

コラーゲンは食べ物から摂取することができます。コラーゲンは、フカヒレや手羽先、うなぎ、牛筋、エビ、イカなどに多く含まれています。

コラーゲンを生成するためにはビタミンCは必要となるため、一緒に摂取することでより効率良くコラーゲンを摂ることができます。

ビタミンCは、アセロラやケール、パセリ、グアバ、海苔、パプリカ、かんきつ類などに多く含まれます。ビタミンCは抗酸化作用を持つ成分のため、老化を防いだり、疲労を回復したりと体にとってプラスとなる様々な働きを持っています。

 

・化粧品で効果を得る

最近はコラーゲンが配合された化粧品も非常に多くなりました。コラーゲン配合の化粧品を使用する場合は、ヒアルロン酸とエラスチンが一緒に配合されているものがおすすめです。これらの成分はコラーゲンと共に肌の土台を作っています。

化粧品選びの際は、コラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸やエラスチンが一緒に配合されているものを選ぶことで、肌のハリや弾力への効果を実感しやすくなると言われています。

 

コラーゲン摂取時の注意点

・体に吸収されやすいコラーゲンを選ぶ

コラーゲンをより効果的に摂取するには、体に吸収されやすいコラーゲンを選ぶことが大切です。サプリメントで摂取する場合は、そのほとんどが吸収されやすい細かいサイズにされていることが多いため、吸収率は高いと言えます。

 

・継続的に摂取する

コラーゲンの効果を得るためには、毎日継続的に摂取することが大切です。そのため、コラーゲンは毎日の生活の中で飲みやすいものを摂ることが大切。忙しくてなかなか時間が取れないという方は、サプリメントやドリンクタイプがおすすめです。また、味にメリハリがほしいという方は、パウダータイプのものをお好みのドリンクや食べ物に混ぜて摂取することで飽きにくく、毎日続けることができると言えます。

 

・夜寝る前にコラーゲンを摂取する

コラーゲンは夜に摂取するのがおすすめです。夜の10時~2時の間は「シンデレラタイム」や「肌のゴールデンタイム」と言われており、成長ホルモンが分泌されて、肌の代謝が活発になる時間帯です。そのため、この時間の前にコラーゲンを摂取することで、効果が得やすくなると言われています。夕食後に摂取するクセをつけることで、飲み忘れなく続けることができます。

 

まとめ

人間の体に存在し、美容だけでなく健康にも欠かすことのできないコラーゲンは、肌のハリや弾力を維持したり、骨や髪の毛を構成したりと様々な役割を担っています。そのため、コラーゲンを毎日摂取することは、美容だけでなく健康にも良いと言えます。

また、コラーゲンを摂取する際は、ビタミンCも一緒に摂ることで、コラーゲン生成が促進されるためおすすめです。また、美容効果を期待する場合は、ヒアルロン酸やエラスチンを一緒に摂ることでより効果が実感しやすくなると言えます。

体内のコラーゲン量を維持して、美容・健康ともに理想的な状態へと近づけるようにしましょう。

About pencil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です