肌の乾燥によって発生するかゆみを治めるための対策と予防法とは?

肌の乾燥によって発生するかゆみを治めるための対策と予防法とは?

肌が乾燥すると、粉が吹いてしまったり、化粧ノリが悪くなってしまったりとトラブルが続いてしまいます。また、乾燥がひどくなってしまうとかゆみが発生し、我慢できないほどのかゆみによって作業に集中できなくなり、かきすぎて傷ができてしまうこともあります。こういったかゆみは一度起こってしまうと厄介で、なかなか改善することができません。

こういった肌の乾燥によるかゆみはどのようにして改善することができるのでしょうか。そもそもかゆみの原因は一体なんなのでしょうか。

ここでは、肌の乾燥やかゆみの原因と、その改善策について紹介します。

 

肌の乾燥やかゆみの原因とは?

乾燥の原因は皮脂膜のバランスの乱れ

肌の表面には、「皮脂膜」というバリア機能が存在しています。この皮脂膜は、肌の水分と油分がバランス良く混ざり合ってできるもので、肌を守るバリア機能を果たしています。肌の一番外側に存在して外からのダメージから肌を守るのです。

乾燥肌の原因は、この皮脂膜のバランスが、体の洗いすぎや暑すぎるお湯の使用、加齢、冬場やエアコンなどで乾燥した空気、スキンケア不足、衣類の擦れなどによって乱れてしまうことにあります。乾燥肌になると、バリア機能が低下してしまうため、肌トラブルが起こりやすい状態になってしまうのです。

体を洗う際は、41℃以上の熱湯を使用しない、また体の洗いすぎは必要な皮脂を洗い流してしまう可能性があるためほどほどにする、洗浄力の高すぎるボディソープや洗顔料などを使用しないなど、肌を乾燥から守ることが大切です。

 

かゆみが起こる原因とは?

肌が乾燥するとなぜかゆみが起こってしまうのでしょうか。

かゆみが起こっている肌には、「ヒスタミン」と呼ばれる物質が関わっています。ヒスタミンは、免疫に関与する伝達物質で、肌に刺激が加わった際に増えて、神経を経由し脳にヒスタミン増加が伝わります。脳にヒスタミン増加が伝わると、体はかゆみを感じてしまうのです。

このかゆみは、かいてしまうことでより一層強まってしまう傾向にあります。掻くことで肌が刺激され、ヒスタミンを発生させる原因になってしまうのです。

そのため、かゆみを感じた際は、できるだけ刺激を与えないようにする、また、どうしても我慢できない場合は、ひやすい、または薬を塗るなどして対処することが大切です。

 

乾燥で発生するかゆみの原因とは?

肌が乾燥してしまうと、肌表面のバリア機能が低下します。そのため、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。外部からの刺激を受けることで、ヒスタミンが発生してかゆみに繋がってしまいます。これが、乾燥によるかゆみの原因です。

かゆみは、乾燥以外にも、ダニやハウスダスト、食べ物などのアレルギーや、ストレス、薬、虫刺され、かぶれ、寒暖差などによっても発生してしまいます。こういったかゆみを避けるためにも、自分自身のアレルギーは把握しておくようにしましょう。

 

肌のかゆみを抑えるための解決策とは?

しっかりと保湿する

かゆみを発生させないためには、肌のバリア機能を向上させることが大切です。そのため、肌をしっかりと保湿することが重要です。

洗顔後や入浴後は特に肌の水分が蒸発しやすいことから、早めにしっかりと保湿するようにしましょう。また、化粧水などの水分だけでなく、美容液やクリーム、オイルなどで蓋をすることで、肌内部の水分の蒸発を防ぐことができ、保湿の効果が長時間続きます。

 

肌表面の温度を上げないようにする

かゆみは体の肌の温度が上がってしまうことによって、神経線維が活発になり、刺激に敏感になって悪化してしまいます。

そのため、お風呂やシャワーの温度は40℃未満で、入浴は15分以内にする、部屋の温度を少し低めに設定する、運動をするときは薄でのウェアを選んで長時間の運動を避ける、お酒はできるだけ控えるなど、体温や皮膚温度が上がり過ぎないように気を付ける必要があります。

 

食べ物でヒスタミンを抑える

かゆみの原因物質であるヒスタミンは、食べ物で発生を抑制することができます。

ヒスタミンを抑制する食べ物としては、ブロッコリーや小松菜、イチゴ、レモン、ブルーベリー、ぶどう、ヨーグルト、納豆、きのこ、海藻類などがあります。

ビタミンを多く含む果物や野菜は抗酸化作用を持っていることからヒスタミンを抑えるだけでなく、肌にとっては重要な食べ物のため、積極的に摂取するようにしましょう。

また、ヒスタミンを増やしてしまう食べ物も存在するため、かゆみが気になる場合は、注意が必要です。

ヒスタミンを増やす食べ物としては、豚肉やサラミ、マグロ、ほうれん草、ナス、トマト、ワイン、チョコレート、コーヒー、餅などがあります。

これらの食べ物は摂取して必ずしも激しいかゆみが起こってしまうというわけではないことから、食べる量を調整するのもひとつです。

 

かゆみに効果的な薬とは

かゆみがひどい場合は、クリニックの力を借りるのもひとつです。クリニックでは、尿素やヘパリン類似物質、ステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬などを処方されます。

これらの薬を処方してもらうことで、乾燥や炎症などによるかゆみは治まります。また、かゆみの原因によって処方される薬は変わるため、自己判断ではなく医師に相談して使用するようにしましょう。

 

乾燥による肌のかゆみを予防する方法とは?

かゆみ予防に効果的な保湿成分で肌を保湿する

かゆみが発生している肌は、とにかく乾燥を避ける必要があります。そのため、保湿力の高い成分を肌に補給して乾燥を防ぐことが大切です。

ここでは、乾燥を防ぐ保湿力の高い成分を紹介します。

 

・グリセリン

人間や植物、海藻などにもともと存在している成分で、肌への刺激が少なく、他の保湿成分と混ざりやすいのが特徴です。グリセリンは多くの保湿化粧品のベース成分として使用されている保湿のための代表成分とも言えます。

 

・アミノ酸

肌はアミノ酸の集合体からなっています。そのため、アミノ酸は乾燥肌用の化粧品に多く活用されています。アミノ酸は角質層を柔らかく保って、水分を保持させる働きを持っています。肌のバリア機能にも含まれる重要な成分だと言えます。

・尿素

硬くなってしまった肌を柔らかくする効果を持っています。しかし肌が薄い場合は、バリア機能を逆に低下させてしまう可能性があるため、角質が厚くなっている方やターンオーバーが遅くなっている方向けの成分だと言えます。

 

・プロテオグリカン

保湿成分の代表として知られているコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分を増やす働きをしてくれるのがプロテオグリカンです。プロテオグリカンは鮭の軟骨から抽出される糖たんぱく質で、エイジングケアにも効果的とされています。

 

生活習慣の中で工夫する

肌を乾燥によるかゆみから守るためには、これまで紹介してきたこと以外にも、生活習慣の中で工夫することが大切です。例えば紫外線対策をしっかりと行い、肌を守ることや、十分に睡眠をとり肌の再生を助けるなど、日常の中で取り組むことで、肌状態を守ることができます。

また、衣類から受ける刺激によっても乾燥やかゆみが発生してしまうことがあるため、身の回りのものや身に着けるものを見直すのも乾燥やかゆみから守ることに繋がります。

 

まとめ

肌の乾燥によって発生してしまうかゆみは、肌の保湿と健康的な生活習慣、かゆみを発生させないための温度や体温の調整が大切です。

肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまうことから、肌表面を守るための保湿や保護を積極的に行うことが大切です。

しっかりと保湿をして肌を乾燥から守り、かゆみ知らずの美しい肌を手に入れましょう。

 

About pencil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です