ヒアルロン酸が持つ効果とは?効率的な摂取の方法とその役割

ヒアルロン酸が持つ効果とは?効率的な摂取の方法とその役割

美容成分として有名なヒアルロン酸は、たった1gで6リットルもの水分を保水する驚異の保水成分として知られています。最近では化粧品やサプリメントなどに多く利用されており、人気の高い成分です。

そんなヒアルロン酸の持つ効果や役割とは一体何なのでしょうか。ここでは、ヒアルロン酸が持つ効果や働き、摂取する際のコツについて紹介します。

 

ヒアルロン酸って一体何?

高い保水力を持つ成分

ヒアルロン酸は高い保水力を持つ成分で、肌の表皮、真皮のどちらにも存在しているのは広く知られていますが、実は目や関節などにも存在しています。

ヒアルロン酸の最も大きな特徴は保水力とネバネバ感です。ヒアルロン酸はグルコサミノグリカンの一種で、アミノ酸と糖分が重なってできている成分で、ムコ多糖類とも呼ばれています。この「ムコ」はラテン語で動物の粘液を意味しており、ヒアルロン酸のネバネバした特徴がその呼び名の由来になっていると言われています。

このネバネバした特性が眼球の中にある組織同士をくっつけたり、赤ちゃんのへその緒がねじれないようにしたりと、肌の潤い維持以外にもヒアルロン酸は多くの役割を持っているのです。

 

ヒアルロン酸の歴史

ヒアルロン酸は1934年にアメリカのコロンビア大学教授、カールマイヤー博士によって発見されました。牛の目から発見されたのが最初で、その後研究がすすめられ、1970年頃から医薬品にも活用されるようになりました。

1987年には、世界で初めてヒアルロン酸が主成分の医薬品が登場し、現在までに医療や美容などの業界で研究が続けられて、多くの商品に活用されるようになり、一般の間で広く知られるようになりました。

 

医療現場でも活躍するヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、関節機能改善薬や眼科手術補助剤、内視鏡用粘膜下注入剤、点眼薬など、多くの医療現場で使用されています。

また、ヒアルロン酸は美容医療でも注射として処方されています。ヒアルロン酸注射には、固いものと柔らかいものがあり、固いものは眉間のシワやたるみ、ほうれい線など主に大きなシワに対して使用され、柔らかいものは目の下や小じわなどの繊細な部分に使用されています。

 

ヒアルロン酸の種類とは

・ヒアルロン酸ナトリウム

一般的なヒアルロン酸はヒアルロン酸ナトリウムを指します。ヒアルロン酸ナトリウムは分子が大きく、角質層よりも億深くまでには浸透しません。肌表面を潤わせてバリア機能を支える働きを持っています。

 

・アセチル化ヒアルロン酸

アセチル化ヒアルロン酸は「スーパーヒアルロン酸」とも呼ばれています。これは、ヒアルロン酸と油性の成分をくっつけて、角質層まで馴染むように作られたヒアルロン酸です。ヒアルロン酸ナトリウムと比較するとサラサラとしており、分子の大きさも10分の1以下と小さいのが特徴です。

 

・加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸に水分を加えて小さくしたもののことで、浸透型ヒアルロン酸とも呼ばれています。分子が小さいことから、肌にしっかりと浸透して角質層にまで届くことができます。そのため、肌の奥深くを潤わせることができるヒアルロン酸です。

 

ヒアルロン酸が持つ効果とは

・肌の潤いを保持する

ヒアルロン酸は非常に高い保水力を持っており、皮膚の細胞間を埋める役割を果たしています。ヒアルロン酸は肌の表皮にも真皮にも存在しており、肌に必要とされる水分を抱き込むことから、肌を保湿する上で非常に重要な成分だと言えます。

 

・エイジングケア

ヒアルロン酸は肌の潤いを保持するのに欠かすことのできない成分です。シワやほうれい線などのエイジングサインは、肌の弾力の低下と乾燥が原因とされているため、ヒアルロン酸量を維持することでエイジングケアをすることができます。

ヒアルロン酸の体内含有量は、赤ちゃんの時がピークと言われています。これが加齢と共にどんどんと減少してしまうため、肌の潤いがどんどんと失われてしまいます。

 

ヒアルロン酸が減少することで高まるリスク

ヒアルロン酸は20歳を超えるとどんどんと減少してしまう成分です。ヒアルロン酸が減少することで、肌が乾燥したり、ハリや弾力が低下したり、関節や目の機能が低下したりと様々な不調を引き起こしてしまいます。

ヒアルロン酸は肌への美容効果だけでなく、目や関節の機能も担っていることからこれらの機能低下にもつながってしまうのです。

ヒアルロン酸の減少を防ぐために重要なのは、バランスの取れた食事をすること、整った生活習慣を送ることです。これらに気を付けて健康的な生活を送ると、ヒアルロン酸の親とも言える繊維芽細胞という細胞が活性化されます。繊維が細胞が元気になると、ヒアルロン酸だけでなく、コラーゲンやエラスチンといった保湿成分も生成され、美容効果が期待できると言われています。

 

ヒアルロン酸の摂取方法

・化粧品

ヒアルロン酸と聞いてまず浮かぶのは化粧品だと思います。ヒアルロン酸配合の化粧品は今や数多く存在しますが、ヒアルロン酸入り化粧品を選ぶ際は、信頼できるメーカーの商品を選ぶ、ヒアルロン酸以外にもエラスチンやコラーゲンなどが配合されているものを選ぶ、続けやすい価格帯のものを選ぶなど、注意するようにしましょう。

一言でヒアルロン酸といっても種類はたくさんあり、品質にも差があります。知識を特に持たない一般人からすると原料や製造過程についてはわからないため、信頼できる会社が作っていることは非常に重要だと言えます。

ヒアルロン酸は、保水力がとにかく高いことから、ヒアルロン酸配合の化粧品は特に乾燥肌の方におすすめだと言えます。また、肌のハリがなくなってきた方やたるみが気になる方にもおすすめです。

 

・サプリメント

最近ではヒアルロン酸が配合されたサプリメントが多く販売され、手軽に経口摂取が可能になりました。ヒアルロン酸サプリメントは、ビタミンやセラミドなどの成分が一緒に配合されているものや粉末状のもの、ジェル状のものなどがあり、おすすめのヒアルロン酸の種類は「低分子ヒアルロン酸」と言われているものです。

通常、ヒアルロン酸は分子が大きく吸収されにくいのですが、低分子ヒアルロン酸は分子が小さく吸収されやすいのが特徴です。美容への効果を期待するなら、コラーゲンやビタミンと一緒に摂取することがおすすめです。

 

・注射

ほうれい線などの濃くなってしまったシワは、化粧品やサプリメントだけで解決することが難しいことから、直接ヒアルロン酸を注入する「ヒアルロン酸注射」が効果的です。ヒアルロン酸注射は、肌に直接ヒアルロン酸を注射する方法ですが、効果に永続性がないことから、3ヶ月~1年に1回は打つ必要があります。

ヒアルロン酸は基本的にアレルギーの心配はない成分ですが、まれに副作用が起こる場合や、医師の技術レベルによって失敗する可能性も考えられます。そのため、ヒアルロン酸注射を行う際は、信頼のおける美容クリニックを見つけることから始めましょう。

 

まとめ

ヒアルロン酸は、肌のコンディションを整えるだけでなく、目や関節にとってお必要不可欠な存在です。

摂取方法や化粧品やサプリメント、注射などがあげられますが、コラーゲンやビタミンCなどの美容成分と一緒に摂取ことで、より美容効果を実感できると言えます。

ヒアルロン酸は肌のためだけでなく、体にとっても非常に大切な成分のため、美容と健康の土台作りに積極的に摂取するようにしましょう。

 

About pencil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です